春イカシーズン真っ只中!




今年は去年に比べてイカの釣果情報が多い関門海峡




イカのヤル気も凄くて底の方に居るイメージがあるコウイカが表層で小魚狙ってる姿をよく見るし中層ぐらいを引いてきてるエギを抱いてきて釣れることが多い



IMG_20210524_024109




なのでドラグを少し強目に締めてアピール激しく誘ってる





だからなのか中層なのにタコがエギを抱いてくることも多いww




タコのが抱いてきたらそのまま合わせても良いけど、イカの時はあたりを感じた瞬間に合わせたら触腕にしか掛かってなくて、しかもドラグを強目に設定してるから触腕が伸びて切れたりエギが外れたりする




アオリイカの強い引きやモンゴウイカの引きの時に今年は結構外れてる(*T^T)




師匠も同じ状況で外れてるから何か良い方法はないかな?って話してこれを試してみようかってなった




「あたりがあって掛かったときにドラグを一旦緩めてみようか」




竿は起てつつドラグ緩めてエギを持っていってもらって8本の太い足に確実に掛かるように出来たらバラす確率減るなって思った




けど...いざ掛かった時にそんなことが咄嗟に出来るかなって思うのとイカが見えてないから効果は自己満で終わるwww




これからの釣果が上がれば効果有るのかなって思えるから時間が取れればできるだけエギングに行くように頑張ろう!




あとレバーブレーキ付きのリールでフォール中にブレーキオフしとくってのも良いかな?




色々試してみよう!